管理人のつぶやき・・・003

pier-569314_640.jpg

 2020/10/13(火)
マザーズの上がり方がすごい。ここ3か月で約33%の値上がり。それに対して日経平均はここ3か月で4%程度しか上がっていない。ざっくり言ってしまうと、日本の小型株を買っておけば↑↑だったということ。そこで2つの日本の小型株系のファンド『企業価値成長小型株ファンド(眼力)』、『新世代成長株ファンド(ダイワ大輔)』と『eMAXIS Slim国内株式(日経平均)』の3か月間の値動きを見てみると・・・

201013

グラフは7/13~10/12の週値(配当金込み)で、7/13の基準価額を10000としている。眼力とダイワ大輔は実際に持っているので、上昇度の大きさを実感中。ちなみに、ダイワ大輔は近年運用成績が芳しくなく、日経平均に負けている期間もあった。また「ダイワ大輔」という愛称も、なんだかふざけている・・・そこで逆張り的な、遊び半分で5月に購入したら当たりくじだった(笑)。アクティブファンドって難しい・・・

今回の日本の小型株の勢いがどこまで続くかは分からんが、長期的にみて日本の小型株そのもののパフォーマンスは高い。日本の小型株系の投資信託を短期~中期で持つというのは楽しいし、中には長期に渡って↑↑のファンドもある。興味のある人はぜひぜひファンドの研究を!!


 2020/10/6(火)
SBIソーシャルレンディングに5万円投資してみた。元本保証はないが、過去の実績を見る限りリスクは小さそうと判断。いろいろなファンドがあるようだが、今回申し込んだファンドは14か月で名目利回り2.5~5%だという。

ただ、今回申し込んだ目的は名目利回りよりも、ポイントサイト経由でのキャッシュバック狙い。そっちのほうが額が大きいので(笑)。まだまだ勉強不足のまま投資してしまったが、いわゆる投資型のクラウドファンディングはどんどん市民権を得てきているようだ。『投資』の重要な選択肢の1つになってくるかもしれない。


 2020/10/3(土)
先月マイナポイントにWAONで申し込み、2万円チャージした。これで今月末に、5000WAON+2000WAONが付与されるはずだ。なぜ今日この話題に触れたかというと、その2万円を本日無事使い切ったから。なお、チャージすればポイントの対象になるので、使い切る必要はない。(もちろん使うが。)ホントは楽天ポイントにしようと思っていたが、WAONのようにプラスアルファの特典がなかったからやめた。

ちなみに普段はイオンで買い物してもWAONを使わず、楽天カードで支払っている。昔は二重取り可能だったのにねぇ・・・。普通の商品を買う場合は気にならんが、ボーナスポイント付きの商品を見てしまうと、「やっぱりWAONをチャージしようか?」と誘惑に負けそうになる。しかし楽天ポイントを貯めるという目標と、財布(決済)の種類を増やしたくないという理由から、WAONのチャージはしないのである。でも次にイオンに行ったら、また悩むんだろうな・・・

          次へ>>



おススメ記事
→もしも1本だけ投資信託を買うならコレ!
→株価指数をチェック!!
→管理人室