管理人のつぶやき・・・004

pier-569314_640.jpg

 2020/10/27(火)
久しぶりにペイペイをダウンロードした。以前ポイントがもらえるキャンペーンで使って以来利用しておらず、先日スマホを替えたので。普段使っているのは楽天ペイで、たまにd払い。ところがそれらは使えず、ペイペイなら使えるって店が増えたので準備することにした。

ところがいざ調べると、Yahoo!以外のJCBカード(管理人の場合は楽天カード)が使えない・・・なんでやねん!!visaのカードも持っているが、用途を決めているし、そもそも普段利用するカードは1枚にしたい。ネットで調べ、苦肉の策で楽天バーチャルプリペイドカードを使うことにした。これならマスターカード扱いなのでOK・・・ところが色々あって月5000円しか使えないようだ。

まあよくある話だが、似たようなサービスがたくさんあるのはオジサンにとっては迷惑だ。そう思っていたら、dポイントカードとd払いの合わせ技で、最大2000ポイント還元される『10月お買物ラリー』なるものを今さら発見。まだ日は残っている・・・えーいっ、今からチャレンジだ!!


 2020/10/24(土)
最近やたらと耳にするようになった「ESG投資」。ESG投資とは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の3つの観点を重視する投資。逆に言えば、二酸化炭素をガンガンに排出し、社会よりも自分たちの利益に目がくらみ、従業員を大切にしない、法律完全無視、そんな会社は沙汰されていくってことだろう。そりゃあそうだろうが、問題は投資リターンはいいのかってこと。

ここで2つのインデックスファンド、①Smart-i 国内株式ESGインデックス(運用管理費0.2365%)、②Smart-i 先進国株式ESGインデックス(運用管理費0.286%)、それに③ニッセイ日経平均インデックスファンド(運用管理費0.154%)、④eMAXISSlim米国株式(S&P500)(運用管理費0.0968%)のコロナ後(ここ6か月)のトータルリターンを調べてみると・・・

①国内株式ESG 13.3%
②先進国株式ESG 23.6%
③ニッセイ日経平均 25.5%
④eSlim S&P500  23%

・・・うーん、「ESG投資」はコロナ後に重要性が増したと言われているが、まだ大きなリターンは得られていないのか。ただし、将来的にはリターン観点でも重要な概念になることは間違いない。今からESG投資に取り組んでいくのも手だろう。管理人も少しずつ積み立て投資をしている・・・ただし今後はESG投資が重要になりすぎて、いちいち「ESG」という名称をつけなくなるかもしれんが(苦笑)。


 2020/10/20(火)
米株の値動きが不安定だ。大統領選挙もコロナも経済対策もどうなるか分からん・・・米株系の短~中期用の投資信託は1週間前に全部売った。株に関しては利確せよ、ポジションを整理せよ等、無理するなという声がよく聞こえてくる。

一方で日本株は底堅い気がするので期待している。といっても米株の値動きにモロ影響を受けるから、本当は手控えたほうがいいのかもしれんが。念のため、小型株系の『企業価値成長小型株ファンド』や『厳選ジャパン』だけでなく、中型株系の『メガ・テック』や『ザ・2020ビジョン』、大型株系の『日本株リーダーズファンド』なども購入済み。コイツらの値上がりをチェックして、ニヤニヤしている今日この頃だ(笑)。

ちなみに投資のメインはあくまでも、運用管理費の安いインデックスファンドの長期投資。iDeCoやつみたてNISAをフル活用している・・・でもこれだけじゃあ、ちょっと退屈だよね。金額を間違えなければ、サブとして短期~中期で投資信託を売り買いするのもおもしろいので、興味がある人はぜひぜひ。

          次へ>>



おススメ記事
→もしも1本だけ投資信託を買うならコレ!
→株価指数をチェック!!
→管理人室