1年リターンTOP10!! 21/2/27

luck-839037_640.jpg

このサイトでは、運用管理費の安いインデックスファンドを、長期積み立て投資することをおススメしています。しかし、運用管理費が高くても、それを補って有り余るような好成績を残しているファンドもあります。そこで運用管理費や、インデックス(パッシブ)・アクティブにかかわらず、運用成績上位のファンドを紹介します。サブファンドとして、短期投資対象として、一考の価値アリ、です。

※ネット証券で販売していないファンド、ほぼ同じファンド、ETFやブルベア系、DC系、通貨系は除きます。

 1年リターンTOP10!! 

第1位 eMAXIS Neo バーチャルリアリティ
リターン 約190.2%/年
運用管理費0.792% 純資産額181億

主として、米国を中心とした世界各国のバーチャルリアリティ関連企業の株式等に投資を行います。1月末時点で19銘柄に投資しています。組み入れ上位業種はテク系32%、半導体系22%、耐久消費財17%、メディア10%、ソフトウェア9%です。私は半年前から毎月200円(笑)積み立てていますが、額はともかく上げの大きさにびっくりしています。ただしここ10日間で10%以上の下げ。eMAXIS Neoシリーズは銘柄数が10~20と少ないため、基準価額の変動には注意が必要です。

 →マンスリーレポート



第2位 インベスコ 世界ブロックチェーン株式ファンド
リターン 約188%/年
運用管理費1.573% 純資産額360億

主として、日本を含む世界各国のブロックチェーン関連株式に投資を行います。1月末の時点でマイクロストラテジー、シルバーゲートキャピタル(米国)、マネックスグループ、GMOインターネット(日本)、カナン(中国)、台湾積体電路製造、創意電子(台湾)、カカオ(韓国)などに投資しています。言ってしまえば仮想通貨の影響を受けるため、基準価額の上げも下げも大きくなる可能性があります。

 →マンスリーレポート



第3位 eMAXIS Neo ナノテクノロジー
リターン 約155%/年
運用管理費0.792% 純資産額83億

主として、米国を中心とした世界各国のナノテクノロジー関連企業の株式等に投資を行います。1月末時点で14銘柄に投資しています。組み入れ上位銘柄は銘柄はナノ・ディメンション(テク/イスラエル)17.7%、パシフィック・バイオサイエンス(バイオ/アメリカ)13.1%、ビュージックス(画像装置/アメリカ)12.1%など。凄いパフォーマンスですが、ここ10日間で約15%基準価額が下がりました。第1位の『eMAXIS Neo バーチャルリアリティ』同様に注意が必要です。

 →マンスリーレポート



第4位 eMAXIS Neo 自動運転
第5位 eMAXIS Neo ウェアラブル
第6位 グローバルAIファンド
第7位 厳選ジャパン
第8位 米国IPOニューステージ・ファンド<為替ヘッジなし>(資産成長型)
第9位 グローバル・フィンテック株式ファンド
第10位 世界レアメタル関連株ファンド


~1年リターン参考値~
eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
  リターン 約25.9%/年
eMAXISSlim米国株式(S&P500)
  リターン 約26.6%/年
eMAXISSlim先進国株式インデックス
  リターン 約24.7%/年
eMAXISSlim新興国株式インデックス
  リターン 約32.3%/年
ニッセイ日経平均インデックスファンド
  リターン 約39.5%/年



おススメ記事
→もしも1本だけ投資信託を買うならコレ!
→株価指数をチェック!!
→投資信託ライブラリー